2026年からサッカーワールドカップの参加国数が32ヵ国から48ヵ国に増えます

サッカーワールドカップの参加国数が現在の32ヵ国から、2026年の大会から48ヵ国に拡大することが決まりました。アジア枠はほぼ倍増の8ヵ国に増えました。これによって、日本にとって予選はかなり楽になるでしょう。

なので、日本のワールドカップ予選の注目度は多少下がり、試合の視聴率も下がるのではないでしょうか。その代わり、今までは本大会出場が難しかったアジア諸国のサッカー熱は今でも上昇傾向にありますが、さらに盛り上がることは間違いないですね。

例えば、タイ。この新しいシステムでなら、十分出場権を得れるチャンスがあると思います。思い返せば、日本もそうでした。1998年フランス大会に初出場して以降、日本におけるサッカー人気は不動のものになりました。

今回の変更の最大の特徴は、アジア枠とアフリカ枠が大幅に増加したことです。今後、サッカー人気の上昇が見込める地域を優遇する変更です。ワールドカップもオリンピックも、基本的には「商業イベント」なので、売り上げ拡大を目指すなら当然の施策だと思いますので、私は今回の変更は理解できます。

ただ、サッカーがものすごく好きな人々は反対でしょうね。ワールドカップの価値が下がる、と主張するのではないでしょうか。でも、長い目で見れば間違いなく今回の変更はプラスに働くと思います。サッカー好きの私としては、今後も世界で最も人気のあるスポーツの座を守って欲しいと思います。そして、いつの日か日本代表がワールドカップで優勝することを願って止みません。

アルビレックス新潟 公式サイト

保存

ファイル・ロケーション: ブログ